FC2ブログ
なんだか寒いわーー。
Erika Collection_384Collection No22
みなさーーん
こんにちわーー

なんだか6月になったのに
風が冷たいわーーー。

これじゃあ
ビーチの撮影はまだまだだめねーー。

あっそうそう
この間セブンイレブンで
運を強くするヒント!
と言う
本を買いましたーー。

結構面白いですよーー。

みなさんも機会があったら
読んで見てねーー♪
06/07 14:23 | 未分類 | CM:14
FC2 Blog Ranking
>Erika さん

携帯電話など情報機器をリサイクルする時は、必ずバッテリや SD カードなどを抜いて2週間以上放置して、中身の「個人情報を完全消去」する事を忘れないように。(^_^;)

# 実は「個人情報を集めるのが目的」のショップが多いのです。バッテリを抜いて、AC 電源を入れたまま、内部を完全消去しても残ってることがある。

メルアドやパスワードも必ず新規に作り直すようにしないと怖い!
>あつしさん 昨晩、北京に帰ったまぐろです。

ついしんと訂正
「古本を扱うようになった」のは三省堂でしたね。(^_^;)

# トーハンのみから仕入れるという「縛り」がなくなったせいらしい。大阪屋を傘下に入れたジュンク堂・丸善も同様に「縛り」がなくなったからという予測でした。

Erika さんの周りの書店は日販ばかりなので、私が書いたラノベを常に置いてないことがある。10~20冊入荷して売り切りなんですよ(泣)
まぐろさん
携帯電話って今リサイクルショップなどや
宝石の買い取りなどで

買い取ってくれるみたいですよーー。

だからゴミに捨てるなら
リサイクルショップなどへ
持っていくと良いかもーー。


でも金はイオンにすると猛毒なんでしょーー?

こわいーーー。
純金にすると重たいですよ(笑) だから湯船は人の手で盗むのは無料です。(^O^)

金沢や京都の金箔細工はそういう所から工夫されたらしい。前の五輪のメダルも純金でないそうで、それで東京都は要らなくなった携帯電話など金で配線されたハイテク機械を集めているとか。
純金や白金は実は水に溶けるイオンにすると猛毒になります。昔の抗ガン剤がやたら高価で副作用も強かったのは、金や白金の化合物がガン細胞を殺す働きを利用したからです。最近は遺伝子組換えで作ったタンパク質(抗生物質)がメインになって安くなりましたけどね(^_^;)
ブラタモリは疲れて途中で記憶が飛んでますけど、地理や地学に偏った内容はいつも通り「NHK らしく無難だ」てな感じかな(笑)
ブラタモリ今見ましたーー♪
名古屋の尾張は家康がもつ
ってお題で
名古屋の城下町を栄えるようにと長ーーい
土地を直線100mにして
作られて、
家康は、後先の事までよく考えていたんだと思いました。
しかし名古屋城の金のしゃちほこは何度も盗まれていたなんて
やはり
いつの時代も金を盗む人はいたのですねーー。
昔、
ハワイアンズの金風呂があった頃やはり
警備員がお風呂の入り口でよく立っていましたーー。
本当に純金でできているそうです

子供の頃なんど母と入ったことか・・・。
今はハワイアンズの展示コーナーに鍵付きのケースに入って飾ってあります。(笑)
あつしさん、反応をどうも(笑) まだ特急電車の中です。
いま向かってる地方都市 (かみさんの実家) は確かに本屋が少ないですね。もっともこれは取次という「本の問屋」の都合もあるんです。
例えばジュンク堂・丸善は大阪屋というでかい取次を買収することで、多種多様な本を店頭に並べたり、さらには古本まで扱うようになりました。
ところがトーハンは 7-11 に買収されたため、イトーヨーカドーがなくなった土地では大規模書店を展開することが難しくなっています。日販はさらに追い込まれていて、マンガでも全ての新刊をそろえることができなくなってきています。
新聞にも出てたように今年の初めに国土地理院の地図を扱う取次が倒産しました。スマホの GPS で済ませる人が増えたせいです。
しかし、スマホの電池が切れたらということまで考えている人はどれだけいるでしょうか。先日、セスナ機が墜落した時にも捜索が難航した理由の一つは、やはり亡くなった若い人の携帯電話の電池切れでした。
文明の利器はバッテリの性能によって支えられているという側面を忘れてはいけませんね(笑) 詳しくはレイ・ブラッドベリの「華氏451度」という SF を読まれると良いかなと思います。
まぐろさん、やはり来ましたね(笑)
確かに、本屋が並んでいるのは大都市圏だけで、地方は少ないでしょうな。
物書きだけで食べて行くのも厳しいでしょう。
又吉直樹はお笑いと作家の両方でやって行くみたいですけどね。
〉あつしさん

住んでる場所にもよるんじゃないでしょうか(笑)

例えば岩波文庫を出した時、さすがに売れないだろうと思ってたら、全国の(大学)図書館がお買い上げ下さって、版を重ねました。でも、地方の本屋には岩波の本を置いてくれないから、売り上げのほとんどは注文か通販です(泣)

学生時代に書いた中公新書や岩波新書はまだ学生だったこともあって、祖父や恩師の名前で出したゴーストライターだったけど、後者は未だに売れてるロングセラーです。

小説なんかの軽い読み物はたまたま夜勤の時にノートパソコンに「英語で」書いて、英国の新書で出したら爆発的に売れて、日本に逆輸入したものです(笑) だから日本と言う極めて「閉鎖的」「ガラパゴス化した」市場に合わせるために、編集者の言うようにヘエヘエと頭を下げてたり(笑) もちろんペンネームです。本名で出したら大変なことになる。特に売り上げの大きいラノベとかはね(^_^;)

あつしさんのように大都会に大手書店が集まっていれば、よりどりみどりなんです。難波駅の東側のアニメショップで自分のラノベが並んでいて、なるほど販売戦略が成功したなと一人で「上から目線」だったり

でも、活字だけで食べている人は実際にはほとんどいません。聞いたことがないような「大学」の先生を掛け持ちしてたり、それこそコンビニの店員や原発労働者までいます。

実際に日本全国を平均すれば、やはりコンビニやスーパーに並んでいる程度しか本や雑誌は売れてないと言うのが、しばらく日本に滞在しての実感かな。

今晩ブラタモリを見て、明日北京に帰ります。ひょっこは録画になるかな(笑)
難波駅で乗り換え中のまぐろです(自爆) ラッシュアワーにぶつかってしまった。(^_^;) 仕方ないから指定席。当然、全面禁煙車。中国では常識だけど。難波駅のゴミ箱の周りに吸い殻が落ちているのを見て、正直警察を呼ぼうかと思った。

私は「本を書く人」なので、本屋に来てくれるお客さんが減ると、すごく悲しいのよね。専門書は大学生に無理やり売りつければいいのだけど(笑)、一般向けの本は本当に重版 (初版を売り切って出版社に迷惑をかけない=黒字にする) にするのが難しくなってます。

コンビニの本屋とか、駅ビルの本屋で売るための秘訣があって
1)新幹線の片道3時間で読み切れる文庫本を書き下ろせ (要するに駅のゴミ箱に捨ててある程度の軽い読み物にしろ!)
2) 絶対に本当の事実を書いてはいけない。例えば、獣医師は約5万人もいて、首都圏に極端に偏っていて、十分に足りているどころかペットショップのバイトで食いつないでる獣医師が多いとか(笑) ←有能な獣医師ほど正直者だから営業が下手。つまり研究者向き
3) 本業 (例えば私は医師だけど) をフィクションにしてはいけない。関係先に迷惑がかかるのと、読者が抱いている特定の職業とか身分の人に対する「妄想」や「空気」をぶち壊しにするから(笑)

私は海外生活が長いので、日本語の「空気」を Atmosphere「雰囲気」と訳すことにしてるんだけど、それでも要するに「(権力者の命令である)雰囲気(つまり長いもの)に巻かれろ」てなことなんだよなーんて、絶対に日本語の本には書けないんだよね。

なぜかというとネットに書いてあることは、ほとんどが「専門家が書いた訳ではない」「素人が面白おかしくでっちあげた大ウソ」ということに、読者が気づいてないだけなんだよ。同じことは「うわさ」とか「CMやワイドショーをうのみにする」が典型例。野球チームのスポンサーが大学生バイトにコピペでウソデタラメのデータベースを作らせて、全部削除したという事件は皆さんも知ってるんじゃないかな。(^_^;)

長くなってごめんね。
Erikaさん、私は違いますよ
私は本は絶対、書店で買います。
都内には紀伊国屋書店や三省堂書店、丸善など大型書店が沢山有りますからねぇ。私はしょっちゅう立ち寄ります。
本を見て回るのも好きですが、本屋に入った時の本の匂い、紙の匂いが
好きなんです(笑)。
電子書籍はスマホにデータベース化して確かに便利とは思うけど、
ちょっと味が有りませんよね。
やっぱり本屋で手に取ってパラパラめくって面白そうだったら買う。
これに限ります。

読む本は岩波新書や中公新書、講談社現代新書や文春新書を中心に評論を読んでます。
でも最近は現代文学にも手が伸びてます。
きっかけはあの又吉直樹の「火花」です。
私はあの本を、芥川賞受賞前に読みました。
人気お笑い芸人の彼が書いた本という事で話題になってたんで、
「そんなに面白いんか。ほな読んでみたろやないか」と思って買って読んだら、これがなかなか面白い。
「エエやんか。芥川賞獲って欲しいな」と思ってたら見事に受賞!
心の中で「ヤッタ!」と叫んでましたよ。
当然、最新作の「劇場」も買って読みました。これもなかなか良かったです。他にも羽田圭介の「スクラップアンドビルド」、
村田紗耶香の「コンビニ人間」、住野よるの「君の膵臓を食べたい」、等々面白くて感動しました。

一方、Erikaさんが読んだ「運を強くするヒント」の様なハウツー本やノウハウ本は読みません。
そういうのって、私はつい疑ってかかっちゃうんですよね。
「そんな風に上手い事行く訳無いやろ」ってね。
紀伊国屋や三省堂でも、小説や評論よりもノウハウ本や自己啓発本がやたらと売れてますが、
そんな本読むぐらいなら自分で考えろやって私は言いたいですね。

Erikaさんもどちらかというと活字離れ、本屋離れしてますでしょうか。
読書は良いですよ。
ジムで鍛えて良い状態で満足!!
良かったですねーー♪

金ちゃんのうんちの金運可愛いくて、最高ですねーー♪^^

そうですねーー
本よりネットになんでも書いてありますものね~
私も
本屋さんへ足運ぶ機会が減りました。
梅雨入り間近で、肌寒いですね。
最近、本どころか紙媒体を読んでいないと気がつきました。
いつもネット上で済ましてるからなぁ。
西日本は梅雨入りしました☔

前回のNo33写真集はオールロケーションで夏を先取りしてとても素敵です!

でもこの時期は室内のErikaさんも見てみたいですね☆

またトイプー金ちゃんのうんち以外に運を強くする方法も興味あります♪
今日は少し肌寒いですね。
梅雨入りも間近のようですし・・・。

ジムの中は蒸し暑いですが、外は
寒いです。
トレーニングも順調に仕上がってます。
この時期にしては体重、体脂肪とも
よい状態で満足!!
撮影頑張ってくださいね。待ってます。
では
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
template design by takamu
Copyright © 2006 erika All Rights Reserved